留学中のストレス:スタディー・パーミットの条件遵守を怠った場合(CBCニュースの記事から)

留学生の皆さん
こんにちは。9月21日付けのCBCニュースで、留学中のストレスに苦しむ学生さんの記事を読みました。ストレスが原因で精神的に不安定になり、学校の授業に出られなくなると、スタディー・パーミットの条件遵守を怠ったることになります(ちなみに、スタディーパーミットの条件遵守とは、学生でいる間は、フルタイムで就学に励むこと)
CBCニュースの記事では、条件遵守を怠った代償が、国外追放命令。。。。という厳しい内容に書かれていますが、場合によっては、そのような結果になってしまうこともあります。私も大昔は、留学生でした。学校の課題をこなすために徹夜をしたり、頑張ったかいもなく残念な結果をもらったり、プロフェッサーから厳しいコメントをもらうなど、20年経った今でも、たいへんだった時の思い出は、覚えています。
20年前に比べると、高等教育機関の留学生対応は、かなり向上しました。もし、留学中に大きなストレスを感じていて、授業の出席に影響を出し始めたら、すぐに学校にあるカウンセリングサービスを受けてください。また、スタディーパーミットに関する相談は、Regulated International Student Immigration Advisorsの資格を持った学校のスタッフに相談をするとよいでしょう。とにかく、状況が悪化する前に、動いてください!